豪雪に謎のブラックボックス...南米でしか販売されないマニアックすぎるモデルの正体とは? | Spyder7(スパイダーセブン)

豪雪に謎のブラックボックス...南米でしか販売されないマニアックすぎるモデルの正体とは?

豪雪のスカンジナビアで1台の開発車両を発見した。この車の正体がわかる方は相当なマニアだろう。このクルマは、フィアット『モビ』の派生モデル、『モビ ピックアップ』のテスト車両だ。

自動車 新車スクープ
フィアット モビ ピックアップ(スクープ写真)
フィアット モビ ピックアップ(スクープ写真) 全 9 枚 拡大写真
豪雪のスカンジナビアで1台の開発車両を発見した。この車の正体がわかる方は相当なマニアだろう。このクルマは、フィアット『モビ』の派生モデル、『モビ ピックアップ』のテスト車両だ。

「モビ」はフィアットが南米でしか販売しないコンパクト5ドアハッチバックだ。ブラジルには、すでに同ブランドが「SUP」(スポーツ・ユーティリティ・ピックアップ)と呼ぶ『TORO』(トロ)が存在するが、モビ ピックアップはトロよりコンパクトなモデルとなる。

プラットフォームは、コマーシャルバンの『フィオリーノ』と共有すると思われ、フロントエンドは、ツインヘッドライトを持つトロと似たデザインが予想されている。

パワートレインは、最高出力88psを発揮する1.4リットル直列4気筒エンジン、及び最高出力109psを発揮する1.3リットル直列3気筒エンジンをラインアップ。5速MTが標準装備され、6速ATは1.3リットルモデルに設定される。

ベースモデルは引き続き南米専用となるが、将来的にこのピックアップは北米で販売される可能性もあるという。ワールドプレミアは、11月のサンパウロ国際オートショーが有力だ。

まさに“ブラックボックス”な謎のテスト車両…その正体は「マニアックすぎる」

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

この記事の写真

/

特集