13年ぶりの大変身!トヨタ ランドクルーザー次期型、LSからパワートレイン移植で2020年秋デビューか | Spyder7(スパイダーセブン)

13年ぶりの大変身!トヨタ ランドクルーザー次期型、LSからパワートレイン移植で2020年秋デビューか

トヨタの大型SUV『ランドクルーザー』次期型に関する情報を入手した。現行モデル「200系」は2007年に発売されており、既に12年が経過。モデルサイクルを考えると、そろそろフルモデルチェンジの時期といえそうだ。

自動車 新車スクープ
トヨタ ランドクルーザー 次期型 予想CG
トヨタ ランドクルーザー 次期型 予想CG 全 5 枚 拡大写真
トヨタの大型SUV『ランドクルーザー』次期型に関する情報を入手した。現行モデル「200系」は2007年に発売されており、既に12年が経過。モデルサイクルを考えると、そろそろフルモデルチェンジの時期といえそうだ。

ランドクルーザーの系譜を辿ると、1951年に『ジープBJ型』として開発された後、ランドクルーザーに改名されたのち、1955年には「20系」、1960年に「40系」、1967年に「55、56型」1980年に「60系」、1989年に「80系」1998年に「100系」、そして2007年に現行モデルである「200系」へと引き継がれている。現在では、ランドローバー『レンジローバー』、メルセデスベンツ『Gクラス』と並び世界を代表する本格SUVと言える。

これまでのモデルサイクルは、「55/56型」が最長の13年で、それ以降はおおよそ8年から9年でフルモデルチェンジが行われている。その流れからも2019年の東京モーターショーでコンセプトモデルが公開される可能性もある。

スクープサイト『Spyder7』編集部では、大胆にも予想CGを作成。キープコンセプトながら、アンダー部分まで伸びた大型グリルを装備した、今どきの迫力あるデザインを予想している。

ロアグリルも中央からラウンドさせた洗練させてデザインを採用。ヘッドライトは三連プロジェクターLEDに。サイドはシャープな直線のキャラクターラインと、より明確にしたデザインのタイヤハウスでワイド感出したデザインとした。次期型では、新開発されるラダーフレームを採用し、軽量かつ剛性が高められるという。

パワートレインに関しては、いくつかの情報がある。一つは、3.5リットルV型6気筒、あるいはV型8気筒ツインターボディーゼルエンジンの設定。もう一つは、レクサス『LS』から流用される3.5リットルV型6気筒ツインターボエンジン、及びマルチステージハイブリッドシステムだ。ただし、ディーゼルとハイブリッドの同時ラインアップより、後者のみの設定の可能性が強い。

東京モーターショーでコンセプトモデルの公開がなくとも、2020年には新型が発売される可能性が高いようだ。

13年ぶりの大変身!トヨタ ランドクルーザー 次期型、2020年秋デビューか

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

この記事の写真

/

特集