メルセデス x マクラーレン伝説のコンビ復活!? 新型「SLR」は新元号とともに誕生するのか | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデス x マクラーレン伝説のコンビ復活!? 新型「SLR」は新元号とともに誕生するのか

メルセデスが2004年から2009年まで販売していた、スーパーカー『SLRマクラーレン』へ復活待望論が囁かされ初めている。Spyder7スクープ班では、デザインスタジオのINVISIVの協力のもと、予想CGを入手した。

自動車 新車スクープ
メルベンツ マクラーレン SLR 予想CG スクープ
メルベンツ マクラーレン SLR 予想CG スクープ 全 8 枚 拡大写真
メルセデスが2004年から2009年まで販売していた、スーパーカー『SLRマクラーレン』へ復活待望論が囁かされ初めている。Spyder7スクープ班では、デザインスタジオのINVISIVの協力のもと、予想CGを入手した。

「SLRマクラーレン」はF1でジョイントしていた、メルセデスベンツとマクラーレンがタッグを組み作り上げたガルウィングのスーパーカーだ。「SLR」車名は、1955年に世界スポーツカー選手権で活躍した『300SLR』を由来としており、パワートレインには、最高出力626psを発揮する5.4リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載。日本でも発売されており、当時の価格で5,775万円だった。

復活が実現する場合、メルセデスベンツは現在マクラーレンとパートナーシップを結んでいない為、新型ではメルセデス単独の開発が予想される。そのためこのCGの車名には『メルセデスSLRヴィジョン』と名付けられている。描かれたデザインは、リアオーバーハングが切り詰められ、ファストバックのボディスタイルが顕著だ。しかし、印象的だったサイドのエキゾーストパイプは形状を変えて存在しており、懐かしさが蘇る。丸眼4灯だったヘッドライトは、鋭くシャープなデザインに変更、空力性能の高いフロントスプリッターなどエアロパーツを装備し、かなりアグレッシブなデザインとなっている。

現代版「SLR」のパワートレインには、最高出力700psを発揮する4リットルV型8気筒ツインターボ+電気モーターのハイブリッドなどが予想される。メルベンツは近年、モーターショーでサプライズのコンセプトモデルを出展することも多く、期待を予感させるモデルと言えるだろう。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集