初の電動化...フォード モンデオ エステート改良新型、ハイテクコックピットを激写! | Spyder7(スパイダーセブン)

初の電動化...フォード モンデオ エステート改良新型、ハイテクコックピットを激写!

フォードの欧州Dセグメントセダン『モンデオ』に設定される派生ワゴン、『モンデオエステート』改良新型プロトタイプを、豪雪のフィンランドでカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
フォード モンデオエステート 改良新型 スクープ写真
フォード モンデオエステート 改良新型 スクープ写真 全 11 枚 拡大写真
フォードの欧州Dセグメントセダン『モンデオ』に設定される派生ワゴン、『モンデオエステート』改良新型プロトタイプを、豪雪のフィンランドでカメラが初めて捉えた。

「モンデオ」は、1993年『シエラ』後継モデルとして、初代モデル「Mk1」を発売。翌年には欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。その後、2000年に「Mk3」、2007年に「Mk4」、2013年に現行モデルである「MK5」が発売されている。ボディタイプは、5ドアハッチバック、4ドアセダン、エステートを用意。セダンにはハイブリッドが設定されている。

捉えたプロトタイプは、ボディ前後をカモフラージュしているが、新コーナーエアインテークを備えるバンパーのほか、ヘッドライト、及びテールライトのグラフィックがリフレッシュされる予定だ。キャビン内も初めて捉えた。フォード自慢のインフォテインメントシステム「Sync3」最新世代を搭載するタッチスクリーン、その下にはデザインが刷新されたオーディオ&エアコンスイッチ類を配置。ギアシフターは、トルクコンバーター式8速ATロータリーセレクタに変更されている。

パワートレインは、新開発1.5リットル直列3気筒EcoBoost、及び2.0リットルEcoBlueターボディーゼル、そして初となるハイブリッドモデルには、2019年『フュージョン』に搭載された9.0kWhリチウムイオン電池を搭載。電気だけで約25マイル(40.2km)の後続を実現する。

安全面では、「Co-Pilot360セーフティパック」を搭載。適応型クルーズコントロール、アクティブパーキングアシスト、回避ステアリングアシスト、レーンキープアシスト、歩行者検知による自動緊急ブレーキなど充実装備がドライバーをバックアップする。

ワールドプレミアは、2019年内のモーターショーとなる。

フォード モンデオエステート に初のHV、改良新型のハイテクコックピットを激写

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

この記事の写真

/

特集