トヨタ&ダイハツ、後付可能なペダル踏み間違い事故防止システムを発売! | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ&ダイハツ、後付可能なペダル踏み間違い事故防止システムを発売!

トヨタ自動車およびダイハツ工業は、ペダル踏み間違いによる急発進を抑制する後付可能なシステムを12月5日から発売した。

自動車 テクノロジー
トヨタ 踏み間違い加速抑制システム 超音波センサー(前)
トヨタ 踏み間違い加速抑制システム 超音波センサー(前) 全 6 枚 拡大写真
トヨタ自動車およびダイハツ工業は、ペダル踏み間違いによる急発進を抑制する後付可能なシステムを12月5日から発売した。

トヨタは「踏み間違い加速抑制システム」の名称で『プリウス』(2009年5月18日~2015年12月8日)、『アクア』(2011年12月26日~2018年4月2日)対応製品から販売を開始。車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知し、ブザー音で注意喚起を行う。それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際には加速を抑制し、衝突被害の軽減に貢献する。また、後退時は障害物を検知していない状態でも、約5km/h以上でアクセルを踏んだ場合、速度が出過ぎないよう加速を抑制する。

価格(税込・取付費別)は5万5080円。

ダイハツは「つくつく防止(ぼうし)」の名称で、累計販売台数の多い2代目『タント』(2007年12月発売・L375型/L385型)対応製品から販売を開始。車両前後に取り付けたソナーセンサーが前後方3メートル以内にある障害物を検知し、運転者がアクセルペダルを強く、速く踏み込んだ場合に、システムがペダル踏み間違いと判断。コントローラーが燃料の供給をカットすることでエンジンの出力を抑制。室内に取り付けたインジケーターとブザー音により運転者に警告し、急発進を抑制する。また、ソナーセンサーで前後方の死角にある障害物を検知し警告する「パーキングセンサー機能」も備える。

価格(税込・取付費別)は3万4560円。標準取付費込で5万9508円。

後付可能なペダル踏み間違い事故防止システム、トヨタとダイハツが発売

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

この記事の写真

/

特集