プジョー 3008/5008、特別仕様車「クロスシティ」設定...オン・オフ両方でより上質なドライブが可能に | Spyder7(スパイダーセブン)

プジョー 3008/5008、特別仕様車「クロスシティ」設定...オン・オフ両方でより上質なドライブが可能に

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーのSUVモデル『3008』(Peugeot 3008)および『5008』(Peugeot 5008)に特別仕様車「クロスシティ」を設定し、11月29日より販売を開始した。

自動車 ニューモデル
プジョー 3008 クロスシティ
プジョー 3008 クロスシティ 全 11 枚 拡大写真
プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーのSUVモデル『3008』(Peugeot 3008)および『5008』(Peugeot 5008)に特別仕様車「クロスシティ」を設定し、11月29日より販売を開始した。

特別仕様車は、街とオフロードの両方でより上質なドライビングを楽しめることをコンセプトとして機能と装備を充実させたモデル。悪路走破性を高めるアドバンスドグリップコントロールを備えるほか、フランス車ならではの高品位さを求めるユーザーニーズに応えるべく、運転席電動シート&マルチポイントランバーサポートおよびフロントシートヒーター付のアルカンタラ&テップレザーシートを特別装備する。

このほか、グリーン系ステッチを施したインテリア、アルミペダル、フロントドアステップガード、ハンズフリー電動テールゲートなどを装備。また、コンパスをモチーフとした「CROSSCITY」エンブレムとBピラーステッカー、クロームドアミラーでスタイリングもより上質なものに仕上げている。

3008はアルタンス・グレー、パール・ホワイト、メタリック・コッパー、ハリケーン・グレーの4色展開で、価格は405万円、パノラミックサンルーフ付きは420万円。5008はアルタンス・グレー、パール・ホワイト、エメラルド・クリスタル、ビアンカ・ホワイトの4色展開で、価格は430万円、パノラミックサンルーフ付きは445万円。

プジョー 3008/5008、悪路走破性を高めた特別仕様車「クロスシティ」発売 上級シートも装備

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

この記事の写真

/

特集