日本初の「空飛ぶクルマ」開発事業、テラドローンが参入  | Spyder7(スパイダーセブン)

日本初の「空飛ぶクルマ」開発事業、テラドローンが参入 

テラドローンは11月29日、「CARTIVATOR(カーティベーター)」とスポンサー契約を締結。日本発の「空飛ぶクルマ」開発事業に参入すると発表した。

自動車 スポーツ・エンタメ
テラドローンがCARTIVATORとスポンサー契約を締結
テラドローンがCARTIVATORとスポンサー契約を締結 全 3 枚 拡大写真
テラドローンは11月29日、「CARTIVATOR(カーティベーター)」とスポンサー契約を締結。日本発の「空飛ぶクルマ」開発事業に参入すると発表した。

テラドローンは、ドローン業界を牽引する日本発のグローバルベンチャー企業。アジアで電動二輪、三輪を製造・販売するテラモーターズのグループ会社だ。国内外にてドローンを用いたレーザー・写真測量を実施、高精度3次元図面を短時間で作成、施工管理に役立つサービスを提供。大手ゼネコン・建機メーカー・測量会社等からの案件を中心に、600回以上のドローン測量実績を持つ。

CARTIVATORは、陸空両用で長い滑走路や大型車庫などを必要としない、世界最小の空飛ぶクルマ「SkyDrive」の開発をめざし、2012年より活動を開始。会社員・学生など約100名が余暇等を利用して活動に参加している。開発は順調に進み、2014年に5分の1スケールの機体で飛行に成功。現在、トヨタ、NEC、Pパナソニックなどからも支援を受け、2019年の有人飛行機、2020年のデモフライトに向けて開発を進めている。

今回、日本発の取り組みをグローバルに展開して新たな社会をつくるというビジョンを持つテラドローンは、CARTIVATORの「空飛ぶクルマ」構想の理念に共感し、支援を決定。テラグループのリソースを活用した海外展開・PR支援、ドローン管制で培った低空域での管制システムのノウハウなどを提供し、「空のモビリティ革命」への貢献を目指す。

テラドローン、「空飛ぶクルマ」開発事業に参入 CARTIVATORへの支援開始

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

この記事の写真

/

特集