800馬力!究極のCクラス...メルセデスAMG C63 Sをドイツチューナーがフルチューン | Spyder7(スパイダーセブン)

800馬力!究極のCクラス...メルセデスAMG C63 Sをドイツチューナーがフルチューン

ドイツの過激チューナー「G-POWER」は、メルセデスベンツ『Cクラス』の頂点に君臨する『AMG C63 S』をフルチューンし、究極の「Cクラス」を完成させた。

自動車 ニューモデル
G-Power AMG C63 S チューニングカーー
G-Power AMG C63 S チューニングカーー 全 7 枚 拡大写真
ドイツの過激チューナー「G-POWER」は、メルセデスベンツ『Cクラス』の頂点に君臨する『AMG C63 S』をフルチューンし、究極の「Cクラス」を完成させた。

アグレッシブにペイントされたボディには、255/30 ZR20と285/30 ZR20の高性能タイヤを備えるダブル5スポークのRR鍛造ホイール、専用のサイドシル、リアウィング、ディフューザーなどを装備している。またエンジンソフトウェアを「G-Power Performance Software V4」へアップグレードし、より大きなCNC加工圧縮機、及びタービンホイール、最適化されたコンプレッサハウジングなどへ変更している。

その心臓部には、ブーストアップした4リットルV型8気筒エンジンを搭載し、最高出力はベースモデルの510psを遥かに凌ぐ800ps、最大トルク1,000Nmを発揮する。また0-100km/h加速は3.4秒と0.6秒早く、最高速度は330km/hに達する。AMGでは体験出来ない、まさに究極のCクラスと言えそうだ。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集