2019 アウディQ7改良新型、グリルに存在感&ヘッドライトにも変化が! | Spyder7(スパイダーセブン)

2019 アウディQ7改良新型、グリルに存在感&ヘッドライトにも変化が!

アウディの大型クロスオーバー・SUV『Q7』改良新型プロトタイプを、初めてカメラが捉えた。開発の初期にもかかわらず、惜しげもなく新デザインを披露している。

自動車 ニューモデル
アウディ Q7 改良新型スクープ写真
アウディ Q7 改良新型スクープ写真 全 13 枚 拡大写真
アウディの大型クロスオーバー・SUV『Q7』改良新型プロトタイプを、初めてカメラが捉えた。開発の初期にもかかわらず、惜しげもなく新デザインを披露している。

ドイツ市街地で目撃した車両のフロントマスクには、『Q3』新型と同様に縦スラットが入ったグリル、3枚のフィンを持つ新形状のコーナーエアインテークが見て取れる。ヘッドライトは似ているが、内部レイアウトが刷新されている。テールライトは現行モデルのままだが、今後着手されるはずだ。

グリルには大きな2つのセンサーを装備しており、最新世代の先進運転支援システム(ADAS)を搭載するだろう。

キャビン内も大きく進化する。フラッグシップSUV『Q8』と酷似するデザインが採用され、「MMIタッチレスポンス」を搭載し、2つの大型ディスプレイを装備。上部10.1インチディスプレイは、インフォテインメントとナビゲーションシステム用。下部の8.6インチディスプレイは、空調や機能、テキスト入力に使用する。

パワートレインは、3リットルV型6気筒ディーゼルターボ、最高出力333psを発揮する3リットルV型6気筒ガソリンスーパーチャージャー、最高出力373psを発揮する3リットルV型6気筒ディーゼルターボ+電気モーターのプラグインハイブリッドなどがキャリーオーバーされる見込み。改良新型の重点は、エクステリアとコックピットの刷新となりそうだ。

ワールドプレミアは、2019年内と思われる。

アウディ Q7 が変わる…グリルに存在感、インテリアも刷新 2019年登場か

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

この記事の写真

/

特集