ランボルギーニ ウルス がペースカーに!「スーパートロフェオ」でデビュー | Spyder7(スパイダーセブン)

ランボルギーニ ウルス がペースカーに!「スーパートロフェオ」でデビュー

自動車 スポーツ・エンタメ

ランボルギーニ・ウルス のペースカー
ランボルギーニ・ウルス のペースカー 全 6 枚 拡大写真
ランボルギーニは5月22日、新型SUVの『ウルス』(Urus)のペースカーを発表した。

ウルスは、『アヴェンタドール』、『ウラカン』に続いて登場したランボルギーニ第3のモデルレンジ。ランボルギーニにとっては、『LM002』(1986~1993年)以来、およそ25年ぶりのSUV。ウルスは世界初のSUVスーパーカーを目指して開発された。

ウルスのパワートレインは、4.0リットル(3996cc)のV型8気筒ガソリンエンジンを2個のターボで過給したユニット。ランボルギーニ初のターボエンジンは、最大出力650hp/6000rpm、最大トルク86.7kgm/2250~4500rpmを獲得する。トランスミッションは8速AT、駆動方式は4WD。車両重量はおよそ2200kg。ウルスは0~100km/h加速3.6秒、最高速305km/hと、SUVとしては世界屈指のパフォーマンスを持つ。

走行モードは6種類。「SPORT」、「CORSA」、「STRADA」、オフロード向けの「TERRA」、雪上向けの「NEVE」、砂漠向けの「SABBIA」を、スイッチ操作で切り替える。

ランボルギーニは、このウルスをベースに開発したペースカーを発表。世界最速のワンメイクレースを標榜する「ランボルギーニ・スーパートロフェオ」において、ペースカーを務める、としている。

ランボルギーニ ウルス のペースカー発表…スーパートロフェオ

《森脇稔@レスポンス》

この記事の写真

/

特集