悲しみを越えて…海老蔵一家の2017年を追った「市川海老蔵に、ござりまする 2018」放送 | Spyder7(スパイダーセブン)

悲しみを越えて…海老蔵一家の2017年を追った「市川海老蔵に、ござりまする 2018」放送

毎年新春に放送されている「市川海老蔵に、ござりまする」が本年も1月8日(月・祝)から日本テレビ系でオンエアされることとなった。今回も日テレ取材班だけの独占密着映像で、手を取り、支え合い、前向きに歩き始めた海老蔵さんの家族の物語を紹介する。

話題 イベント
「市川海老蔵に、ござりまする 2018」-(C)日本テレビ
「市川海老蔵に、ござりまする 2018」-(C)日本テレビ 全 5 枚 拡大写真
毎年新春に放送されている「市川海老蔵に、ござりまする」が本年も1月8日(月・祝)から日本テレビ系でオンエアされることとなった。今回も日テレ取材班だけの独占密着映像で、手を取り、支え合い、前向きに歩き始めた海老蔵さんの家族の物語を紹介する。

「NEWS ZERO」をきっかけとして海老蔵さんとその家族を追い続けている日本テレビの取材班が、その独占密着で家族の軌跡を綴ってきた本番組。

家族にとって大きすぎる悲しみの年となった2017年。6月の“あの日”も自主公演のまっただ中だった海老蔵さん。悲しみにくれる間もなくやってくる本番の舞台に毎日変わらず立ち続けるその姿は、歌舞伎の家に生まれた男の“宿命”でもある。番組はひたすら走り続ける“役者”としての海老蔵さんを追う。


海老蔵さんが走り続けるなか、7月には長男・勸玄が歌舞伎座で「宙乗り」に挑戦することに。白塗りの化粧も本格的な衣装も初めての経験となるなかで、10mもの高さに吊られることになるという。なんと4歳での宙乗りは史上最年少となり、迎えた初日には歌舞伎座に万雷の拍手と観客の涙があふれる。感動の“初宙乗り”までの道のりをカメラが追う。


10月には長女・麗禾と勸玄君が歌舞伎座の舞台で初めて姉弟共演。12月のハワイへの家族旅行では子どもたちが海老蔵さんの誕生日をサプライズで祝う。さらにこの1月には麗禾さんが「初春歌舞伎公演」でかぐや姫役を演じることに。


そして海老蔵さんがいまの想いをロングインタビューで初めて語る。

日テレ取材班だけが独占取材で追い続ける海老蔵一家の「いま」を集約した「市川海老蔵に、ござりまする 2018」は1月8日(月・祝)22時から日本テレビ系で放送。

《笠緒》

この記事の写真

/

特集