ヒュンダイ世界戦略コンパクトSUV「コナ」発表!ライバルはC-HR、ジュークだ | Spyder7(スパイダーセブン)

ヒュンダイ世界戦略コンパクトSUV「コナ」発表!ライバルはC-HR、ジュークだ

自動車 ニューモデル

ヒュンダイ コナ
ヒュンダイ コナ 全 5 枚 拡大写真
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は6月14日、新型SUVの『コナ』を発表した。日産『ジューク』の対抗作と噂されていたモデルが、ベールを脱いだ。

車名のコナ(KONA)は、米国ハワイ州のハワイ島西部の地名に由来。ヒュンダイのグローバルBセグメントSUVで、まずは6月下旬、韓国で発売。その後、北米や欧州など、グローバル市場に展開する。

コナのボディサイズは、全長4165mm、全幅1800mm、全高1550mm、ホイールベース2600mm。日産ジューク(全長4135mm、全幅1765mm、全高1565mm、ホイールベース2530mm)と比較すると、30mm長く、35mmワイド、15mm背が低い。ホイールベースは70mm長い。コナの車名から分かるように、北米市場を強く意識しており、ジュークよりもやや大きなボディは、北米重視の表れだろう。

コナの特徴のひとつが、充実した車載コネクティビティ。ヘッドアップディスプレイ(HUD)は、ヒュンダイによると、クラス最高の輝度を誇り、昼夜を問わず高い視認性を実現しているという。このヘッドアップディスプレイには、速度、ナビゲーション、車線逸脱警告などの情報を表示できる。

スマートフォンのワイヤレス充電機能も用意。センターコンソール収納部のワイヤレス充電インターフェイスにスマートフォンを置くだけで、簡単に充電できる。

プレミアムインフォテインメントシステムは、Android AutoやApple CarPlayなどに対応。さらに、北米では4GテレマティクスとHDラジオ、欧州ではDABデジタルラジオに接続できるなど、コネクティビティを追求している。

ヒュンダイ、ジューク 対抗作「コナ」発表…コネクト充実

《森脇稔@レスポンス》

この記事の写真

/

特集