米国第一号車をゲッツ!マツダマニアの顧客へ納車 | Spyder7(スパイダーセブン)

米国第一号車をゲッツ!マツダマニアの顧客へ納車

自動車 スポーツ・エンタメ
マツダ ロードスター RFの米国第一号車を納車
マツダ ロードスター RFの米国第一号車を納車 全 1 枚 拡大写真
マツダの米国法人、北米マツダは11月22日、『MX-5ミアータRF』(日本名:『ロードスター RF』)の米国第一号車を当初の予定よりも2か月早く顧客に引き渡した、と発表した。

第一号車の顧客となったのは、Dave Putter氏。10月にロードスター RFの導入記念車、「ローンチエディション」を注文。限定1000台のローンチエディションの最初の顧客となった。

すでにDave Putter氏は、ロサンゼルスモーターショー16の会場において、北米マツダの毛籠 勝弘 社長兼CEOから、ロードスター RFのキーを受け取っていた。そして11月22日、当初の予定よりも2か月早く、納車される運びに。

Dave Putter氏にとって、ロードスター RFは16台目のマツダ車。ロードスターでは、8台目となった。

納車されたロードスター RF を目の前にして、Dave Putter氏は喜びを隠せない様子。北米マツダの毛籠 勝弘 社長兼CEOは、「マツダは単に車を販売するだけではない個性的かつ特別な自動車メーカー」と述べている。

マツダ ロードスター RF、米国第一号車を納車

《森脇稔@レスポンス》

この記事の写真

/

特集